冷たぁ~~いお話

蓬莱さんからのDMが盛岡に転送され、懐かしんでいる元大阪人です。
なんつったって、ここの※「豚まん」は全国的人気!
帰省時に、車内でかほりを充満させたり、買い過ぎてPeachの搭乗前に超過料金を取られたりと、難儀した思い出も。

しかし、今回は夏の限定品の案内だわ。
ほぉ、「冷麺」そして小さく(冷やし中華)と書かれているではあーりまへんか!
そうそう。大阪では冷やし中華を冷麺と言うのよね。
大学時代、学食で「冷麺始めました」って書いてるから、「盛岡冷麺ではないだろうけど、どんなんかしら?」と、頼んでみてオドロキ!
今や大阪でも冷やし中華と言う人も多いし、※「冷コー」は死語になりそうね。

さて、当地盛岡では冷麺といえば、言わずと知れたアレでございます。

盛岡人は「焼肉屋」ではなく「冷麺屋」と言うくらい冷麺が好きで、冷麺が不味けりゃ焼肉屋は流行らないのでございます。
つーか、ランチタイムは冷麺しか頼まないお客がほとんどではないかしらね。
ほんで、ややこしい話なのですが、なんと盛岡では冷やし中華を「冷風麺」と言うのです。
そして、中華麺を蕎麦つゆで食べる「中華ざる」ってのもあんの!
この時期こその楽しみを味わわなきゃね。

※大阪では「肉=牛肉」なので「肉まん」ではなく「豚まん」と言うのです。

※「冷コー」アイスコーヒーのこと。因みに大阪人はコーヒーミルクを「フレッシュ」と言います。