二人の素晴らしき人生の先輩のライブ

11月前半に当店にて二人の敬愛する音楽の先輩のライブがございました。
11/4(日)はアルパ(南米のハープ)奏者ひらやまよりこさんのコンサート。演奏は本場仕込みの素晴らしいものでしたが、MCも面白く、知的。
数曲コラボした秋田のギタリストあるまんど山平さんもおおらかな方で、店内は温かな空気に包まれていました。
私もCD収録曲「兵士が弓を鳴らす時」をアルパの伴奏で唄わせていただきました。
ご縁をくださった松井みどりさん、そしてご来場の皆様に感謝致します。

 

 

そして10(日)は日本フォーク界のレジェンド三上寛さんのライブ!
大阪燈門の店長岸田が三上さんの弟子ということで知り合い、初めての盛岡燈門でのライブとなりました。
私が大阪から盛岡に引っ越す直前に、大阪燈門のドア前で挨拶した程度で、歌を聴かせていただくのも、じっくり話をするのも初めて。

いぶし銀とはこういうことなのだなと、しみじみ感じました。
デビューから50年。御歳69歳。その思いの詰まった「大感情」この曲を聴いて涙が止まりませんでした。
終演後にお客様の計らいで焼肉&盛岡冷麺。
楽しく夜も更けました。

 

お二方共に当店での再演はあるかと思います。次回は是非大勢の皆様にお越しいただけますように。