血は争えぬ

出勤すると姪っ子たちから年賀状が届いていた。
亡き姉の二人の娘である。
姉は4回結婚したが、この子らは初婚の夫との間に生まれた。色々あって親権は夫へ…。
ばあちゃん(ワタシの母)とはたまに会っていたらしく、母親の死を知ることとなった。
姉の葬儀で初めて会った時、「智行おじちゃんですか?」と話し掛けてくれた。
生前に智行という弟(ワタシ)がいることを話していたらしい。お母さんの弟…そりゃ似てるからすぐに判ったことだろう。

今ではすっかり仲良し。
それにしてもびっくり!姉の字にそっくりなのだ。
姉はナースだったが、この子たちったら二人ともナースに。どんどん姉に似てくるのが嬉しいような怖いような…。
お相手探しか…娘の結婚式で父親がボロ泣きする気持ちが解るようになった。この子たちの結婚式を想像しただけで目頭が熱い。