歩きまくりのみどりの日 ~後編~

七瀧神社を出るとまたもや民家が途絶える。三密どころか、もうかれこれ2時間人とすれ違ってもいない。ゲコゲコと蛙、ホーホケキョと鶯の鳴く声しかしない。
しばらくすると米内川の側道に出た。そーだ、米内川は中津川の支流だったわ!随分歩いたことを実感。
松野橋、姥懐(うばふところ)橋を渡ると、農地が開けていた。盛岡も広いのねぇ。

天気もよいので、あちこちの農家の庭先でバーベキューをしている。腹が減っていることに気づく。ぶらタモリだったら「こんちわー」とか言って仲間に加わるところだが、警察呼ばれても困るので素通り。すると山田線の線路が見えた!上米内は間もなくだ。

山岸を発ってから初めて自販機を発見、二度目の給水。グビグビやってると遥か彼方にピンク色の帯が見える。あそこが浄水場だな?!
予想どおり閉鎖中で近くまでは行けなかったのですが、シダレザクラはちょうど満開。来ていがったー!

さて、上米内駅から山田線で帰りましょうかね。
すると、駅舎内に漆工房があるではあーりまへんか!

見るからにイイ人そうなスタッフに声をかけると、無人駅となった上米内駅をクラウドファンディングによって、漆工房にリノベーションしたのだそうな!すんばらしい新名所。盛岡の中心部から離れてはいるけれど、是非とも訪ねていただきたいですね。
するとそこへ、盛岡にUターンしてからとってもお世話になっているご夫妻が登場、互いにびっくり!!
上米内から程近いところにお住まいとは知ってはいましたが、近くにいると知らせるなど野暮だなと思っていたところだったのです。
暫し談笑し、18:08発の盛岡行の到着を待つ。
すると、宮古行も同時刻とな!山田線は単線。駅付近のみ行き違えるように複線になっていやす。鉄分2倍2倍!(高見山風・笑)

漆工房のスタッフとそのご夫妻に見送られ発車。降車は上盛岡駅。初めて利用したのですがここも無人駅なのね。

てな訳で、片道12㎞の大人の遠足は終了。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました(^-^)/

追記・遠足の小遣い。往路は徒歩ゆえ交通費0円。給水1回目は清水ゆえ0円。2回目は自販機にて100円。土産は無人販売のキュウリ漬100円。復路の交通費、上米内→上盛岡210円。トータル410円!お前は小学生かっ。現在無収入なものでね(泣)。