不思議なこともあるもんだ…

    先週末、某大手損保の盛岡支社長が御来店に。
そして翌々日、松川温泉の宿で食事をしていると、大阪から戻ったばかりで大阪弁が出ていたのか、隣のテーブルの方から「大阪からですか?」と話しかけられた。
「いえいえ盛岡からですが、大阪にも長らく暮らしておりました」とワタシ。
    こちらの御仁もその損保の方で、大阪から仙台支社に異動になったのだと…。ガイド気取りで「帰りにこことここに寄るとよろし」など話していると、回りの県外から来たと思しき泊まり客が聞き耳を立てていた。

   更に昨日、二人の女性がお初に御来店。ワタシのお気に入りの中華屋の紹介とのこと。なんと、そのお二人もその損保の社員だったの!

    実は、10年前に亡くなった姉はその会社に勤務していて、今日が命日。ワタシが盛岡に帰ってきたことを一番喜んでいるのは姉かもしれないなぁ。