怒涛の日々(コンサート編)

更新が滞り、そろそろ死亡説が出そうな気配?ご安心ください生きてますよ(笑)。

冗談はさておき、日が経ってしまいましたが、3/20(土)を持ちまして菜園店舗での営業を終了させていただきました。
2年9ヶ月という短い間でしたが、お陰様で盛岡のお客様にも温かく見守られ、トラブルもなく営業できました。
ありがとうございました。
コロナがなければ引き続き営業していたか?と言うと、そうでもありません。
ただ、次の桜山店舗の情報を得るタイミングが絶妙だったということです。
その辺りは移転開業後に改めて触れようと思います。

さて、3月は二軒分の家賃を払い、菜園店舗を営業しつつ、桜山店舗の改装をスタートし、更に3本のコンサートをこなすという大変なハードスケジュールでしたが、お陰様でなんとかこなすことができました。

先ずはその3本のコンサートがいかなるものであったか、少しずつ紹介いたしましょう。


①浜藤JAZZ LIVE (3/13土・浜藤ホール)

鉈屋町という盛岡の町家(古民家)が並ぶ雰囲気のある町にある浜藤ホールは、旧岩手川酒造の蔵を改装した素晴らしいホールです。
このライブはいわてアートサポートセンター主催の年に一度のイベント。私はJAZZミュージシャンではありませんが、タイトルは決まっているとのこと。実は昨年コロナで中止となったコンサートの1年越しのリベンジでした。

北島貞則&Smile Catsのいぶし銀メンバーに支えられ、学びもたくさん!久々に女形でのステージも(笑)。

本番直前にメンバー全員で

お目汚しでスミマセン(笑)


②菜園燈門「ありがとう」コンサート(3/20土・菜園燈門)


当初「さよなら」コンサートと名付けておりましたが、なんか菜園のお店が新店舗にヤキモチを焼くような気がして…ここはやはり感謝で終わろうとタイトルを変えました。
八戸からわざわざお越しになったピアニスト豊嶋裕子さんは、主に東京でシャンソンの伴奏のキャリアを相当積まれた方。まさに大船に乗った気持ちでした。
昼夜の2部制にしたものの、お陰様で告知翌日にはどちらも満席に。
夜の部上演中に地震発生というアクシデントもありましたが、大事に至らず終了。
素晴らしい菜園店舗のフィナーレとなりました!

久々にアルトフルートも♪

中学、高校の吹奏楽部の同期と後輩たちと40年近くぶりの再会!!



③ともんの春うたコンサート(3/27土・盛岡クロステラス)


たかがインストアライブと侮るなかれ。天井が高く解放的で木を効果的に使った素敵な内装。何よりもスタッフの方々がとても親切で毎度やり易く感謝しております。
こちらにもたくさんの皆様に御来場いただきました。
ありがとうございました!

ゴッツンコ対策(笑) デカい私にはありがたいご配慮です。

 

「春よ、来い」「花は咲く」私のアルバムより「春待ち人」などを演奏。


私が人生の岐路に立たされた時に、支えになるのは音楽、そして、見守ってくださるお客様です。