夏のふたつのライブのまとめ

日が経ってしまいましたが、8/30の北岡樹さんとの「樹&ともんのサマーライブ」、9/10の「夏の終わりの独唱会」、どちらも満席になり、幸せなひとときとなりました。

北岡樹さんとのライブは「九州女と東北男の熱い共演」なるサブタイトルを付けましたので、私は「青葉城恋唄」を唄ったのですが、北岡樹さんは「帰らんちゃよか」を。熊本弁で「帰ってこなくていい。」という意味とのことですが、身につまされながら聴いておりました。

独唱会は名の通りソロライブだったのですが、思えばソロは久々でした。夏から秋へのシーズンに合う曲は沢山有って、選曲に迷いましたが、結果オーライだったようです。

サマーライブのほうは受付もしたので、気が付けば写真を撮るひまがありませんでした。

独唱会ではピアノの石田美智代さんと終演後にパチリ!美智代さんとは、もう何度もやらせていただいてますので、安心して唄うことが出来ました。