極寒の盛岡へ

27(土)から所用で仙台、盛岡へ行って参りました。

先日の東京の大雪!そして、ここ大阪もしっかり寒いこの冬ですが、北国の方々には笑われてしまいますね。

先ずは仙台入りし「銀杏坂」さんで、地元のシャンソン歌手・大木実さん主催の歌会に参加。これが私の歌い初めとなりました。

二日目は、東京の歌手YU-MEさんのコンサート@仙台へ、そして母と食事。

仙台は寒いといっても、耳を露出しても平気な寒さ。盛岡はそんな訳にはいきません。

さて、覚悟を決めて三日目は盛岡へ!

すると、雄大な岩手山が迎えてくれました。

ふるさとの山に向かひて言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな(啄木)

まさしく、そんな気持ち。

さて、仙台は度々参りますが、盛岡まで足を延ばすのは久々。

高校まで暮らした懐かしい盛岡の街を、漫歩します。

夕食まで時間があるからと、一旦ホテルへ。

途中からどうもスニーカーの中が濡れているなと思っていたのですが、なんと靴底がパックリ割れているではあーりませんかっ!!

低温で?いや、どうやら劣化して加水分解という状態になっていたらしいのですが、ひとっ風呂浴びた後で、日暮れてますます気温

が下がり、つるんつるんの道を歩かなければならないというのに・・・こりゃ大変。

すると、部屋の片隅に潔癖症のお方向けの?スリッパの紙製の中敷きを発見。

ドライヤーでスニーカーを乾かし、ソイツを敷いてソックスを履き替えて、いざ靴屋へ!!

 

流石は北国。「防滑靴」のコーナーがありました。

関東以南の方々、この時期に北国に旅する場合は、捨ててもいい靴を履いて行き、現地でお求めになられることをオススメします。

仙台盛岡往復は新幹線で12000円。高速バスで5200円。6800も違います。

ならば美味しいものでも食べようとバスにしたのですが、靴代になりました・・・。

結局、美味しいものも食べたんですけどね(笑)。